コンサルティング事業

「寄り添うこと」と「期待以上の価値を提供すること」がコンサルティングの基本。

コンサルティング事業は、現在くうるの事業柱となっています。

この事業で対象とする「毒」は、個々の企業が抱える課題や見えないリスクです。

コンサルタントに対する対価と提供する価値に明らかな乖離が生まれている業界で、思想を持ってコンサルティングを続けることは、きっと意義のあるものだと考えています。

 

 お寺シェアリング事業

日本人にはきっと日常的に「死」に触れる機会が必要だ。

この事業で対象とする「毒」は2つ。
社会から遠のいている「死の痛み」と、全国7万あるお寺の存続課題

着目しているのは、人が集まらなくなったことで発現している「お寺の遊休スペース」。

お寺のコワーキングスペース化」は手軽に始めることもでき、時流にもあっているため、いま広がりを見せています。

くうるは、コワーキングスペースを単独で開始・維持することができないお寺を対象に支援を行うことで、社会とお寺の双方にメリットのあるプラットフォームを提供していきます。


ストレス回収プラットフォーム事業

いまの日本は「個人として挑戦すること」が強制されている

「何者かになる」「何かに挑戦する」
これらを半ば強制される現代社会。
この事業で対象とするは、現代社会で蔓延する「日々のストレス」です。

あるとき感じた小さなストレスが積み重なることで、日々頭を悩ませる悩みに変わり、それを解決するために個人を走らせる。
そんな心理的プロセスが出来上がっているのではないか?という仮説を立てています。

この仮説を立証するために、「日頃のストレス」を吐き出せるサービスを創ります。
吐き出したストレスは、最適なサービスを届けるための、また新しいサービスを創りだすための貴重なデータとなります。

近日中にクラウドファンディングを利用して、社会からの共感を可視化します。

Coming Soon...